• vol.902 エコノミーでもビジネスクラスを味わう方法

    2016.8.8

    ◆ BAは、PCからチェックインをしなければならない。画面をずっと見て行ったら、どうも食事が変えられるらしい。ま、2,100円ならいいか、と思い興味本位で予約しておいた。

     

    ◆ 行きの座席指定がうまくいかなかったので、空港のカウンターで変えてほしいと言ったら、壁の前の席にしてくれた。 こりゃ~いい。なんたって前に座席がないので、のびのびと足が延ばせる。でも確かチェックインシステムでは、この席はお金を出さないとキープできなかったはず!?  ま、直前なので空いてたのかな。これに味をしめ、帰りもカウンターでこの席を要求したら、アサインしてくれた。嬉しい~。

     

    脚が延ばせて、予約してあった食事はビジネスクラスの内容。プラスチックのフォークじゃない。食器やグラスも本物。コーヒーカップは、ロイヤルドルトンときてる、結構、いいんじゃな~い。でも、先に食事が運ばれてきた時、いっせいに周りの視線が突き刺さるのを感じました<????汗>。どうして君だけ違うんだ????そんな雰囲気・・。聞かれてもないのに、慌てて隣の日本人に説明してた私・・<苦笑>。 この視線に耐えられる強さと、座席を確保する英語センテンス(Could you change my seat to a in front of the wall?) を覚えれば、あなたもビジネスクラスを味わうことができます<笑> 。 

    さて、今回は一気にコラムを書き上げましたが、イギリス編は今回でおしまいデ~ス!!

     

    ソフトファニシング、タッセル教室のトリニティ

コメント

  • 先生、こんにちは。旅行中もまめにコラムアップデートされていたんですね。
    BAで食事変えられることは知りませんでした! イギリス料理は好きですが、BAの機内食はあんまり…なので、機会があれば試してみたいです。

    | ともみ | 2016/08/09 |

  • 私よりイギリスに詳しいともみさんでも知らないことがあったんですね~。 私も偶然みつけた情報でしたが・・<苦笑>。それにしてもお食事は最低でもこれくらいのものが提供されないと、人間的な扱いをされてないと感じますね!

    | Trinity | 2016/08/09 |

コメントする / プロに質問する