• vol.1322 トイレリフォーム・リポート

    2020.11.15

    ◆ トイレ故障でリフォームを実施。 トイレもインテリアの一部ですので、皆さんと経験をシェアするのもいいかな~と思い、書いてみます。 またトイレのリフォームを考えている方の参考になれば幸いです。

     

     

    ◆◆工事前準備

    さて、どの業者さんに依頼するかを決める必要がありますね。 今回は自宅のある区内の業者さんにお願いすることにしました。 なぜならば、省エネ等リフォームには区の補助金がでるからです。 (お住まいになっている地区によってそれぞれ条件があると思うので、調べてくださいね。) ネットで検索した3社にお見積り依頼。 若干の差はあれど、大体似たような金額が出てきましたが、現調にいらっしゃるので、その会社の対応も一緒に検討できます。   2番目に見積が高かったのですが、対応が紳士的な業者さんにお願いしました。  トイレ本体はだいたい20~30%くらいは値引いてくれる傾向にあるんですね。 よってその値引き分が工事費にまわりますから、トイレ本体の正規価格を予算として考えるのが、ひとつのポイントかもしれません。 

     

    ◆◆ 商品選択(トイレ本体 / 壁紙)と準備

    ・今回はトイレ本体と壁紙だけの最小限のリフォームです。 国内メーカーのショールームで色などを確認し、TOTOに決定。 タンク有・無で価格が大分変ります。 無しの方が高い。 逆にタンク有だと、便座部分が壊れても簡単に取り換えがきくのだそうですが、タンク無しは総取り換えになるので、将来投資も変わってくるとのこと(工事会社説明)。 でも外観の見た目がスッキリしたタンク無しを選びました。

    ・薄汚れていた壁紙も取り換えてもらうことに。 今回は正面に海外壁紙(サンダーソン・施主支給)を使い、その他の面には国産を選択。 各ショールームに行き、一気に選択。 ここまでで約1か月くらい。 後は工事日を待つだけです。

     

    ◆◆ 工事当日

    ・AM8:30開始。 まず古い便器のとりはずしと壁紙貼りで午前の部終了。 お昼時間を挟んで、新トイレの設置。 終了はPM14:30くらい。 さすがプロ集団。 作業の手際の良さは感心です。 ということで、完成した写真が下になります。 やはり正面にアクセントの壁紙を貼ることで、 華やかさが生まれ、大正解!! 皆さんも参考にしてくださいね。  そうそう、費用は全部で35万くらいでした~(海外壁紙除く)。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1319 カーテン納品立ち合いへ

    2020.11.9

    ◆ 今日は定休日ですが、ご依頼いただいたシェード設置の立ち合いで、お客様のお家にお邪魔してきました。  無事セットが終わりホット一安心。  お客様のご意向が「麻のようなザックリした雰囲気に生地がいい」ということで、フェデインターナショナルのレッケという生地(ポリエステル素材)をご提案。    麻の生地は素敵ですが、価格が倍くらい高くなることや、使用中に日本特有の湿度でヨレが出てしまうことを憂慮し、この生地をご提案した次第。

    お客様のご希望で、シェードが半分ずつ昇降するデザインです。 でも器材は一本なんですよ。

     

     

    ◆ 今回はリフォームということで、お部屋の機能アップのための特注家具や棚のデザイン、壁紙の選択、照明、レイアウト等々をお手伝いさせていただきました。  完成後の写真を撮りに行く機会をいただけるので、またそれらをご紹介したいと思います。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1315 タッセルのスカート飾り

    2020.9.25

    タイトルの通り、タッセルのスカート飾りを作って見ました。 でもこれが一体何なのか、きっとわからないだろうなあ~と思いつつ、今日の生徒さんに聞いてみました。 「わかんないけど、かわいい~」。 かわいいの一言でまあ満足かな <苦笑>。

     

     

     

    ◆ きっと別途説明が必要なのかもしれないなぁ・・・と考えていた矢先、午後いらっしゃった輸入生地商社の営業さんにも、懲りずに聞いてみました。「マーリーに使われているあの飾りでしょ。」 さすがです!!     MARLYとはウレス社のタッセルのひとつのデザイン名称です。 この一言にヒントを得て、ウレス社のカタログと一緒に写真を撮りました。 百聞は一見に如かず。 これで説明の必要はないですね~。 大きなタッセルのスカートの飾りとして、また長いフリンジなどの飾りにも使われるものです。 タッセルの「スカート飾り」だけでも結構使えると思いますが、いかがでしょうか・・・。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京自由が丘・ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1298 新デザイン・タッセルできました!

    2020.7.10

    作りたい「タッセル」のデザインは、昔からずっとノートやデザイン帳に書きとめています。 前々回コラムの作品「大きなリボン」も実はそのひとつ<笑>。  思いついた時点で、そのデザインを出すチャンスやタイミングがなくても、いつかはきっと・・・。  さて時間が経ち、またそのメモを見て興味を失わなければ、陽の目を見る。 この作品のタイミングが、今なのかもしれません。

     

     

     

    ◆ 試作がてら制作してみますが、それがそのまま完成品に至るというのは稀<苦笑>。  2個作ってやっと納得のものができました!    「かわいい~」、完成時に自分がどう思うか、これも大事ですね。 飾るものは、バッグでも箱でも、幅広く活用できるデザインかと思いますが、いかがでしょう。

    色違いで制作サービスもお受けします! 

    長さ: 8cm(紐部分を除く)    ご連絡お待ちしてます!! →こちらから★

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1297 大きな飾りリボンの説明

    2020.7.9

    前回のコラム<vol.1296>を見てくれた生徒さん達から、「先生、これは何ですか?」という質問を沢山受けました。 「そうか~、やはり想像の範囲を超えてしまいましたかぁ~」。  ソフトファニシングとの関連があるので、私にはしっくり馴染みますが・・・。 補足情報です。

     

     

    ◆  これらの使用目的は、カーテンを束ねる「タッセタイバックの飾り」です。モノクロ写真は、「ルイ16世時代」のパスマントリー・スタイルの一部として書籍で紹介されていたもの。   紐がないので想像しにくいかもしれません。 もう一枚のカラー写真は、アンティークとして販売されていたものですが、あ~そうか、と理解しやすいかと思います。 写真の出どころが不明で・・・。

     

     

     

    ◆ いま時、こんな飾りをつけるような生地のカーテンを使用するご家庭は、日本では有り得ないでしょう<笑>。 しかし私の中で、別の発想が浮かび、ジョーマローンの箱蓋の飾りになったとさ、と言うことでした!    これを飾れば、カルトナージュの箱もぐ~んとリッチに・・・!?

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1296 パスマントリー・パーツ名とその作品

    2020.6.19

    ◆ タッセルをふたつ同時に下げて飾る場合、紐の結び目を飾るリボン形状をしたパーツの名は、”ノード”と呼びます。  実はソフトファニシングの中でも同じような考え方があり、カーテンの上飾り用としてさまざまな種類がありますが、それら全体を”トリム”と呼び、カリキュラムとして4つのモチーフ<ロゼット/シュウ/ティアードロゼット/マルチクロス>を習得していただけます。

    もちろんソフトファニシングでは布で作成しますが、パスマントリーの場合はスプリング形状のカネティーユと糸を用いますが、今回はカルトージュ方式で大きなリボンを作り、ジョーマローンの空き箱を活用し飾ってみました<苦笑>。

     

     

     

    ◆ ノードを飾る小さなパーツ類は、中央に”カルチザン”のロゼット飾り。その中心を飾る”ポワ・クティ”。 (今回初)。 4つのリボンを飾る小さなお花は、”カネティーユ”。 これらのパーツはすべて手作業で作ります。 タッセルクラスの上級、研究科を受講された方にとっては、お馴染みのテクニック。 教室で実物をご覧いただけます。

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • vol.1295 ナンタケットリング使いのタッセル<販売用>

    2020.6.12

    昨年6月に発表した新作デザインタッセル「ナンタケットリング使いのタッセル」。 ナンタケットバスケット山中湖教室の小鹿先生とのコラボタッセルです。

     

    ◆実は私の手元にこのサンプルが存在せず・・・・<苦笑>。 それもあり、また一般の方にもご購入いただけるようにしたいと考え、自粛期間中の時間を利用し、バスケットの先生にリング部分の作成をご依頼。 やっと完成しました。 後日HPのショップにアップする予定でおりますが、黒とベージュ各1個ずつしか準備がございませんので、もしこのコラムをご覧になり、ご購入を希望される方は先にご連絡ください。

     

    ★商品詳細: 全体の長さ6cm (紐部分含まず) 、紐の長さ11cm

    ★価格: 黒・ベージュ各々12,000円 (税込・送料無) ※ページを見てご連絡いただいた方には、2,000円OFFにてお届けします。

    お問い合わせ先はこちらから→★ 

     

     

    ナンタケットバスケットへ装飾例

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • 『13歳からのアート思考』本、差し上げます!

    2020.6.4

    ※ ご希望者からのご連絡をいただきました。本日(6月5日)午前中にて締め切らせていただきます。 

     

    ◆ 長~い休業が明け、今週から活動再開。 まだ気合いが入らず・・・<笑>。

    さて、お休み中に手持ちの本も、読むものが無くなり、図書館も空いてなく、やむ負えずアマゾンで2冊程購入してしまいました。 タイトルは『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社、1,800円, 2020年2月第1刷) 。  一日で読んでしまったもので、これを欲しい方に無料で差し上げます!

     

    ◆ アートとありますが、美術史なんかではありません。 ピカソとか、アンディウォーホールとかの絵は出てきますが、あくまで題材として使っているだけで、それらを通じて「自分の物の見方」、「自分なりの答え」を生み出すというのは、どういうことなのか。  他人が決めたゴールではなく、自分のゴールを発見するにはどういうことなのか、が書かれています。  13歳プラスxx歳の私ですが、納得の一冊でした。 もっと若い時に読んでみたかった気もしますが・・・<笑>

     

    ◆連絡先: 問い合わせ画面→★ (※ご連絡をいただいた最初の方に差し上げます。コラムの愛読者、どなたでも構いません)

    教室に取りに来られてもいいですが、送付希望の方にはレターパックでお送りします。 到着したらレターバッ代金(370円)を切手で送ってください。

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1292 パスマントリーの変遷、編集後記

    2020.5.17

    ◆ 編集後記

    ・現在の自粛規制にともなう”ステイホーム”の時間は、きっと人生の中で2度とないことでしょう。 最初の頃は、なんか長い休暇のようでちょっぴり嬉しい気分も、日を追うごと変化し・・・。 この時だからこそやりたいことをやろう・・と以前から気にしながら周りにあった情報をまとめたのが、7回の連載<下記リスト参照>で書いた今回の一連のコラムです。 楽しんでいただけましたでしょうか?

     

     

    ・ 振り返ると、中身は<ヨーロッパ、特にフランスにおけるパスマントリーの変遷>のようになりました。 今回の情報ソースは、私の頭の中やカメラの中、参考書籍等々を探しながら書いたものです。 本格的にインタビューやサーベイをしたものであれば、もっと深堀りできたかもしれませんが・・・。

     

     

    随所に参照文を交えたので、文体が異なり読みにくかったところも多々あったかと思います。 論文のよう・・と思われた方もいらっしゃったかと思いますが、できるだけ客観性を重視したかったからです。 しかしこれで完璧、とは全く思っていません。 しかし一度ベースを作っておけば、今後新たな情報に出会った時に追加修正していけばいいと考えています。 なので、お気づきの点がありましたら、皆さまからのご連絡、大歓迎です!    また、これを機会に、パスマントリーにご興味を持つ方々の更なる理解とパスマントリー愛が深まることを願っています。

     

     

    ・さて、パスマントリーを年代別に見た来たように、実は年代毎にパスマントリーのデザインにはその特徴があります。 ナポレオン1世時代のコラムvol.1289のフォンテーヌブロー宮殿の実物を例にあげれば、スカート飾りに使わているブリオンやトルネード、カルチザン等々、それらの説明を試みようとしましたが、はて、待てよ!?   タッセルを作る際のそれぞれのパーツ名をすべて説明しないと、タッセル作りをされない方々が読んでも意味を成さないものになるかもしれない・・と思い、手を留めてしまいました。 その説明セミナー時間に換算しても、多分1時間以上は必要になるかもしれません。 もしご希望があれば、教室内にて実施してもいいかな・・・・・・。

     

     

     

     

     

    ◆ コラム・バックナンバー

    これまで書いたものの一覧表は、下記になります。 リンクが貼ってありますので、再度読んでいただけます。

    1. コラムvol.1285  中世のタッセル
    2. コラムvol.1286  伊ルネッサンス絵画にみるパスマントリー
    3. コラムvol.1287  仏ルネッサンスと南仏リヨン
    4. コラムvol.1288  ナポレオン1世とリヨンの織物
    5. コラムvol.1289  フォンテーヌブロー宮殿にみるパスマントリー
    6. コラムvol.1290  現存する仏のパスマントリー工房、4社
    7. コラムvol.1291     パスマントリー、イギリス vs 日本
    8. コラムvol.1292     パスマントリーの変遷、編集後記
    9. <番外編> コラムvol.1284 画家(ホルバイン)がデザインしたタッセル

     

     

     

     

    タッセル講座、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1291 パスマントリー、イギリスと日本

    2020.5.13

    ◆イギリスのパスマントリー

    ・これまでの内容は、結果としてフランスが中心になってしまいましたが、じゃ、イギリスは・・・との疑問が投げかけられそうです<苦笑>。  実はこれまでイギリスで出版された本でまとまったものを見たことがありませんでしたが、今年(2020年1月)に、英国の歴史的建築物の保護を目的として設立されたボランティア団体である、ナショナル・トラスト(National Trust)から初めての書籍が出版されました。 内容的には、英国とアイルランドにおける歴史的なインテリア家具に飾られたトリミング(パスマントリー)を調査、年代別に紹介されているものです。  冒頭2~3頁を読んだだけですが、やはりこの手の内容の本は、初と記載してありました。 本のタイトルは、『FRINGE FLOG&TASSEL』<写真>。 もし興味のある方は手にとってください(英語版)。

     

     

     

     

    ◆日本のパスマントリー・ブーム

    ・私が知る以前の日本は、基本的にそれらの取扱いは、主に海外ファブリック輸入会社でした。 もちろんインテリアのプロ向けであり、タッセル大好きな人はともかく、普通一般消費者の目に触れる機会は限定的な況状でした。

     

    ・タッセルに関心のある方は一度は訪れことがあるかもしれない銀座「タピシエール」。 私の知人でもある小幡淳子さんが2008年頃に銀座にオープンされたように記憶しています。 今は閉店してしまいましたが、国内ではあまり知られていなかったデクラーク社のタッセル等も取り扱い、お店は雑誌等のメディアにも頻繁に取り上げられたことなどで、日本にタッセル好きを増やし、国内での「タッセル」という存在の知名度がぐんと上げてくれた功績は大きかったと思っています。

     

    ・また、イギリスでは新興企業ですが、インテリア・ブランドの「Spinaスピナ」は、斬新なデザインのタッセル商品をプロデュースしています。 それらをいち早く日本に持ち込んだ、Inchbald Design of Schoolの先輩でもある源波淳子さんは、 2010年にスピナ創設者の一人でもあるMr. Joe Zitoを日本に招聘し、セミナーを開催したりと、日本に新しい風が吹いた時代でもありました。

     

    ・トリニティのタッセル講座のトライアル(特別講座)は2007年。 その翌年には正式にタッセル講座を開設しましたが、私の立場からすれば、周囲が気になるのは当然。 当時ネットで検索し確認できたのはふたつ。 関東ではワークショップを主に行っていた「タッセルワークス」さん、そして関西では紐や糸などを取り扱う「バンディーニ」さんがタッセル教室を開いたのが、2007年だと認識しています。

    2006年~2007年頃、約15年前頃が日本のパスマントリーブームにおいて大きなうねりを呼ぶきっかけとなった年ではなかったのかと考えています。 と、いうことはこれが「日本におけるルネッサンス」と言ったらいいすぎでしょうか <笑>。

     

    次回に続く・・・・。

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ