• vol.1335 インテリアコーディネート実例

    2021.1.27

    ◆ 昨年11月のコラムvol.1319 カーテン納品を見た方達から、「お部屋の写真を見たい!」というご要望が多数寄せられました!??  少しびっくりしましたが、確かに考えてみたらそうかもしれません。 先日撮影にお邪魔し、写真公開のご了解を得てますので、一部をご紹介したいと思います。

     

     

    ◆ 発端は、生徒さんでもあるお母様からのご相談。 お嬢様がリフォーム計画がおありながらも多忙な方で、またどこからどうアイデアをまとめて行ったらいいいかわからず、遅々として進んでないということでした。  ご本人の希望は、既存のお部屋の茶色いイメージを一新し、明るく白い部屋にしたいとのこと。 フランス留学経験もおありで、目も肥えてるお施主さまです。

     

    リビングに始まり、キッチン、トイレの移動、玄関、そしてピアノ室と、5部屋のリフォーム。 主なご提案内容は、収納デザイン、壁紙選び(トイレ・リビング・ピアノ室、玄関)のサポート、シェード制作、照明の選択、レイアウト図作成等でのアドバイスとなりました。 今回はリビングをご紹介させていただきます。

     

     

    【BEFORE】収納場所が少なく、正面及び右側窓の茶色のカーテン・バーも取り外したいとのこと。

     

    【AFTER】正面窓際に全面造作家具の収納スペースを確保。 デッドスペースになりがちなコーナーの小さな壁には、思い切って造作家具でガラス戸付きショウケースを設置。 各部屋に分散していたご自慢のオブジェを集中陳列。

     

    【ドア側から見たリビング】お客様が選択されたテーブルセットとモダンな照明が設置され、完成。

     

    ◆ 一般の方がインテリアをまとめ上げていくことは、決してたやすいことだとは思いません。 インテリアにあまりこだわりのない方なら、工務店さんに丸投げすることもできますが・・・。 しかしある程度こだわりをもっている場合、お施主さんであるご自分の考えに寄り添ってくれ、それに合ったよりセンスのいい提案してくれるインテリアのプロの方に相談するのが一番の近道だと思います。 なんといっても情報力とセンスで、お客様が受け取る見返りは大きいと思います。

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、インテリアデザインのトリニティ

     

     

  • vol.1334 タッセルヘッド飾り、ネッティングの種類

    2021.1.22

    ◆ タッセルのヘッド部分は、基本的に糸やコードなどでカバーリングされますが、更にその上に飾りを付けていくことがよくあります。 ポピュラーなものとしては、ネッティング(英)と呼ばれるもの。 手間はかかりますが、アクセントとして表情豊かにさせる効果があります。

     

     

     

    ◆ ネッティングの方法は、刺繍のブランケットステッチと似ています。 段数が増え、糸同士の交点は「シングル」です。  実は、その他に「ダブル」や「トリプル」という手法もあります。  カリキュラムにあるポンポンストリングや今年の干支タッセルで作っていただいたのは、ダブル(2 points) です。 これが理解できれば、トリプル(3points)も簡単です。   比較するために、カリキュラムタッセルと同じ木型を使い、サンプルを作ってみました。 写真の左側がダブル、右側がトリプルです。作ってみるとわかる意外な注意点。 飾り糸の色変更もあって作り替えること3回・・・<苦笑>。  もし作り方に興味のある方は、教室でお尋ねくださいね。

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

     

  • vol.1323 干支タッセルの受付開始、11月24日から

    2020.11.19

    ※限定数に達しましたので、〆切りさせていただきました。

    ◆ 例年、干支タッセル制作ご案内は、お正月明け早々にしていましたが、昨年同様に年内から制作を開始していただけるように、早々に準備を開始。 2021年は丑年。 牛のフィギュアを見ながら、デザインの試行錯誤を繰り返し、ほぼ完成しました~。 ご希望される方、ご興味のある方は直接メールもしくは教室でお尋ねください。 

     

     

    ◆ 干支タッセル制作をご希望される方は、上級者や研究科レベルの方が多いので、デザインを考える際、ひとつでも新しいテクニックを・・と考えてしまいます。  それはデザインを作る私のチャレンジでもあり、生徒さんにとっては、カリキュラムでは提供していない新しいテクニックを習得していただけるのも、干支タッセルに隠されたひとつの楽しみ(!?)かもしれません。 

    多くの方への完成タッセルのお披露目は、お正月となってしまいますが、お許しを。 是非お楽しみにしてくださいね。

     

     

    牛のフィギュアにカウベルをあしらってみましたよ~。

     

     

     

    タッセル教室東京自由が丘・ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1322 トイレリフォーム・リポート

    2020.11.15

    ◆ トイレ故障でリフォームを実施。 トイレもインテリアの一部ですので、皆さんと経験をシェアするのもいいかな~と思い、書いてみます。 またトイレのリフォームを考えている方の参考になれば幸いです。

     

     

    ◆◆工事前準備

    さて、どの業者さんに依頼するかを決める必要がありますね。 今回は自宅のある区内の業者さんにお願いすることにしました。 なぜならば、省エネ等リフォームには区の補助金がでるからです。 (お住まいになっている地区によってそれぞれ条件があると思うので、調べてくださいね。) ネットで検索した3社にお見積り依頼。 若干の差はあれど、大体似たような金額が出てきましたが、現調にいらっしゃるので、その会社の対応も一緒に検討できます。   2番目に見積が高かったのですが、対応が紳士的な業者さんにお願いしました。  トイレ本体はだいたい20~30%くらいは値引いてくれる傾向にあるんですね。 よってその値引き分が工事費にまわりますから、トイレ本体の正規価格を予算として考えるのが、ひとつのポイントかもしれません。 

     

    ◆◆ 商品選択(トイレ本体 / 壁紙)と準備

    ・今回はトイレ本体と壁紙だけの最小限のリフォームです。 国内メーカーのショールームで色などを確認し、TOTOに決定。 タンク有・無で価格が大分変ります。 無しの方が高い。 逆にタンク有だと、便座部分が壊れても簡単に取り換えがきくのだそうですが、タンク無しは総取り換えになるので、将来投資も変わってくるとのこと(工事会社説明)。 でも外観の見た目がスッキリしたタンク無しを選びました。

    ・薄汚れていた壁紙も取り換えてもらうことに。 今回は正面に海外壁紙(サンダーソン・施主支給)を使い、その他の面には国産を選択。 各ショールームに行き、一気に選択。 ここまでで約1か月くらい。 後は工事日を待つだけです。

     

    ◆◆ 工事当日

    ・AM8:30開始。 まず古い便器のとりはずしと壁紙貼りで午前の部終了。 お昼時間を挟んで、新トイレの設置。 終了はPM14:30くらい。 さすがプロ集団。 作業の手際の良さは感心です。 ということで、完成した写真が下になります。 やはり正面にアクセントの壁紙を貼ることで、 華やかさが生まれ、大正解!! 皆さんも参考にしてくださいね。  そうそう、費用は全部で35万くらいでした~(海外壁紙除く)。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1319 カーテン納品立ち合いへ

    2020.11.9

    ◆ 今日は定休日ですが、ご依頼いただいたシェード設置の立ち合いで、お客様のお家にお邪魔してきました。  無事セットが終わりホット一安心。  お客様のご意向が「麻のようなザックリした雰囲気に生地がいい」ということで、フェデインターナショナルのレッケという生地(ポリエステル素材)をご提案。    麻の生地は素敵ですが、価格が倍くらい高くなることや、使用中に日本特有の湿度でヨレが出てしまうことを憂慮し、この生地をご提案した次第。

    お客様のご希望で、シェードが半分ずつ昇降するデザインです。 でも器材は一本なんですよ。

     

     

    ◆ 今回はリフォームということで、お部屋の機能アップのための特注家具や棚のデザイン、壁紙の選択、照明、レイアウト等々をお手伝いさせていただきました。  完成後の写真を撮りに行く機会をいただけるので、またそれらをご紹介したいと思います。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1315 タッセルのスカート飾り

    2020.9.25

    タイトルの通り、タッセルのスカート飾りを作って見ました。 でもこれが一体何なのか、きっとわからないだろうなあ~と思いつつ、今日の生徒さんに聞いてみました。 「わかんないけど、かわいい~」。 かわいいの一言でまあ満足かな <苦笑>。

     

     

     

    ◆ きっと別途説明が必要なのかもしれないなぁ・・・と考えていた矢先、午後いらっしゃった輸入生地商社の営業さんにも、懲りずに聞いてみました。「マーリーに使われているあの飾りでしょ。」 さすがです!!     MARLYとはウレス社のタッセルのひとつのデザイン名称です。 この一言にヒントを得て、ウレス社のカタログと一緒に写真を撮りました。 百聞は一見に如かず。 これで説明の必要はないですね~。 大きなタッセルのスカートの飾りとして、また長いフリンジなどの飾りにも使われるものです。 タッセルの「スカート飾り」だけでも結構使えると思いますが、いかがでしょうか・・・。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京自由が丘・ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1298 新デザイン・タッセルできました!

    2020.7.10

    作りたい「タッセル」のデザインは、昔からずっとノートやデザイン帳に書きとめています。 前々回コラムの作品「大きなリボン」も実はそのひとつ<笑>。  思いついた時点で、そのデザインを出すチャンスやタイミングがなくても、いつかはきっと・・・。  さて時間が経ち、またそのメモを見て興味を失わなければ、陽の目を見る。 この作品のタイミングが、今なのかもしれません。

     

     

     

    ◆ 試作がてら制作してみますが、それがそのまま完成品に至るというのは稀<苦笑>。  2個作ってやっと納得のものができました!    「かわいい~」、完成時に自分がどう思うか、これも大事ですね。 飾るものは、バッグでも箱でも、幅広く活用できるデザインかと思いますが、いかがでしょう。

    色違いで制作サービスもお受けします! 

    長さ: 8cm(紐部分を除く)    ご連絡お待ちしてます!! →こちらから★

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1297 大きな飾りリボンの説明

    2020.7.9

    前回のコラム<vol.1296>を見てくれた生徒さん達から、「先生、これは何ですか?」という質問を沢山受けました。 「そうか~、やはり想像の範囲を超えてしまいましたかぁ~」。  ソフトファニシングとの関連があるので、私にはしっくり馴染みますが・・・。 補足情報です。

     

     

    ◆  これらの使用目的は、カーテンを束ねる「タッセタイバックの飾り」です。モノクロ写真は、「ルイ16世時代」のパスマントリー・スタイルの一部として書籍で紹介されていたもの。   紐がないので想像しにくいかもしれません。 もう一枚のカラー写真は、アンティークとして販売されていたものですが、あ~そうか、と理解しやすいかと思います。 写真の出どころが不明で・・・。

     

     

     

    ◆ いま時、こんな飾りをつけるような生地のカーテンを使用するご家庭は、日本では有り得ないでしょう<笑>。 しかし私の中で、別の発想が浮かび、ジョーマローンの箱蓋の飾りになったとさ、と言うことでした!    これを飾れば、カルトナージュの箱もぐ~んとリッチに・・・!?

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1296 パスマントリー・パーツ名とその作品

    2020.6.19

    ◆ タッセルをふたつ同時に下げて飾る場合、紐の結び目を飾るリボン形状をしたパーツの名は、”ノード”と呼びます。  実はソフトファニシングの中でも同じような考え方があり、カーテンの上飾り用としてさまざまな種類がありますが、それら全体を”トリム”と呼び、カリキュラムとして4つのモチーフ<ロゼット/シュウ/ティアードロゼット/マルチクロス>を習得していただけます。

    もちろんソフトファニシングでは布で作成しますが、パスマントリーの場合はスプリング形状のカネティーユと糸を用いますが、今回はカルトージュ方式で大きなリボンを作り、ジョーマローンの空き箱を活用し飾ってみました<苦笑>。

     

     

     

    ◆ ノードを飾る小さなパーツ類は、中央に”カルチザン”のロゼット飾り。その中心を飾る”ポワ・クティ”。 (今回初)。 4つのリボンを飾る小さなお花は、”カネティーユ”。 これらのパーツはすべて手作業で作ります。 タッセルクラスの上級、研究科を受講された方にとっては、お馴染みのテクニック。 教室で実物をご覧いただけます。

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • vol.1295 ナンタケットリング使いのタッセル<販売用>

    2020.6.12

    昨年6月に発表した新作デザインタッセル「ナンタケットリング使いのタッセル」。 ナンタケットバスケット山中湖教室の小鹿先生とのコラボタッセルです。

     

    ◆実は私の手元にこのサンプルが存在せず・・・・<苦笑>。 それもあり、また一般の方にもご購入いただけるようにしたいと考え、自粛期間中の時間を利用し、バスケットの先生にリング部分の作成をご依頼。 やっと完成しました。 後日HPのショップにアップする予定でおりますが、黒とベージュ各1個ずつしか準備がございませんので、もしこのコラムをご覧になり、ご購入を希望される方は先にご連絡ください。

     

    ★商品詳細: 全体の長さ6cm (紐部分含まず) 、紐の長さ11cm

    ★価格: 黒・ベージュ各々12,000円 (税込・送料無) ※ページを見てご連絡いただいた方には、2,000円OFFにてお届けします。

    お問い合わせ先はこちらから→★ 

     

     

    ナンタケットバスケットへ装飾例

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

1 2 3 27