• vol.1418 ロブスター、ロブスター、ロブスター

    2022.4.30

    ◆ タイトルを見て「なんのこっちゃ!?」と思われて方もいらっしゃると思います<苦笑>。 昨日乗り換えホームで電車を待つ間、到着に間ががあったのでキョロキョロしていたら、目の前をロブスター柄の上着を着た男性が通り過ぎました・・・。 すかさず反応してしまった私は「後姿の写真を撮っていいですか?」と尋ね、パチリ。 この柄を買いたいと思った理由は?、とても失礼だと思い、聞きませんでしたが・・・<笑>。

     

     

     

    さて、ここでタイトルです。 実は家で使っている食器用布巾にも大きなロブスター刺繍が。 また先月に遅い(コロナで延期)誕生会があってここでもロブスターをたらふく食べました。 頭の中で、「ロブスター、ロブスター、ロブスター」という無言の声が聞こえてしまったんですよね~<苦笑>。 ムムッ、写真を比較したらひょっとして上着の絵は、伊勢海老!?       皆さん楽しいゴールデンウィークをお過ごしくださいね~。

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室トリニティ

     

  • vol.1417 東北の桜は、今が満開!

    2022.4.20

    ◆ 関東の桜もすっかり新緑に変わってしまいましたが、東北の桜は今まさに満開の時期を迎えていました。 先週週末に2年半ぶりに2泊3日で帰省をしました。 さすがに気温は肌寒さが残り、宿泊した旅館でもまだストーブを使用していました。

     

     

     

    ◆今回の帰省目的は、2年半ぶりに家族で湯田川温泉の旅館「九兵衛旅館」での親孝行<!?>と桜を見ること。 桜並木は今回私も初めて訪れたところで、通称「馬渡の桜: まわたりのさくら」という場所。 川に沿ってなんと約1.5kmにも及ぶ桜並木は見事の一言!!      残雪残る北の月山、南に鳥海山を背景に、青い空とピンクと・・・感激の春の光景でした・・・。

     

    <馬渡の桜並木>

    <九兵衛旅館中庭>

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

  • vol.1412 春が来た~

    2022.3.16

    ◆ 教室があるビルの前の緑道には、桜の木が植えてあるが、まだつぼみの状態。 しかし緑道の一番端の桜の木だけが、満開に!!  花の形や、通常より濃い色の花から想像するに、1~2月に咲く早咲きの「河津桜」か「大寒桜(おおかんざくら)」かと思われます。

     

    お昼時間見に行ったら、沢山の人が写真を撮っていて、思わずつられて私もパチリ!<苦笑>  今日はまだ3月の中旬。 本格的な桜の季節はあと少しですが、束の間の春らしさと暖かな陽気を満喫しました~。 皆さんにもこの小さな幸せをおすそ分け~!

     

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

  • vol.1411 プレゼンテーションボード

    2022.3.4

    ◆ プレゼンボードとは、お客様にインテリアのご提案をする際、建具、仕上げ材、照明器具、家具、カーテン等の提案案内容を示すために、それぞれのエレメント(実物やコピー等)を貼ったボードのことを言います。 提案内容の素材感やカラースキーム等、ひと目で全体のイメージを把握してもらえるのに役立つものです。

     

     

     

    ◆ 昨年秋に、日本の某インテリアコーディネーターのスクールの生徒さんだと言う方から電話があり、「ボードの作り方を教えてほしい」とのご依頼でした。  これらは 最も基本的な事柄なので、学校で教わる内容ですが、ボードに貼る各エレメントの扱い方やその時に使う道具類、並べる時の基本も説明されてない!?・・・ことが判明。  お話しを伺ってあまりにショックでした。   

     

     

     

    ◆実は、今年に入り再度お電話があり、卒業のためのプロジェクト案件のボードを手伝ってほしいとのことで再度アドバイスをさせていただきました。 エッ、またですかぁ~<苦笑>。 頼りにされるのは嬉しいものですが。 写真は、昨年秋にアドバイスした「カラースキーム」用のボードです。 和モダンのご提案。 布の処理の仕方<切るだけじゃだめ>、障子の表現、大きさをそろえるのは当然、エレメント同士の間隔等々・・・。言葉だけではだめで、思わず手が出てました~<苦笑>。

     

     

    もし、海外のインテリアスクールでは、どんな説明がされているのかご興味のある方は、是非ご連絡ください。 ボードの作り方以外にも、カーテンデザインの考え方等々、 私の持っている知識を皆さんと分かち合えれば嬉しいです。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

  • vol.1409 日本三大まんじゅう &

    2022.2.25

    ◆ 皆さん、「日本三大饅頭」なるものが、どの饅頭を指しているかをご存じですか。 私は昨年冬に那須塩原に行った時「福島・柏屋」さんの薄皮饅頭食べ、そう呼ばれているということで初めて知りました!  「じゃ、一体その三大とはどこの饅頭のことなの!?」と疑問は残りますよね~。 もちろん私も調べてみました。  他は、東京塩瀬総本家「志ほせ饅頭」そして岡山「大手饅頭伊部屋 大手まんぢゅう」とのこと。 岡山のものはなかなか食べる機会はなさそう・・・。  先日、スーパーに行った時、柏屋さんの饅頭を見つけ、即買いしました<苦笑>。

     

     

     

    ◆ その箱の中身は2~3日で無くなりましたが、今なんと空き箱がタッセルのパーツ入れになっています。 沢山のパーツを作っている途中ですが、仕切りの中でまだ糸を巻いていないものがどれだけ残っているか横目でにらみながら、所用時間を計算<苦笑>。 すべて糸を巻き終えるのにあと2~3日間くらい!? かかりそう・・ウゥ~。 いくら眺めてもこれは食べられません!?

     

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

     

  • vol.1407 タッセルの糸

    2022.2.9

    ◆ご提供している「タッセル講座のカリキュラム」では、糸が持つ特徴や雰囲気を踏まえ、タッセル作りには、どんな糸が適しているのかも把握していただきたく、カリキュラムのデザインによって糸の種類を変えています。  もちろん生徒さんはご存じのことなのですが・・・。

     

     

     

     

    ◆ さて、長年タッセルを作り続けてきて、最近、見直しをした糸が「リリアン糸」。 教室では唯一カリキュラムで使用しているのが「傘タッセル」ですが、伸びチジミが激しく扱いやすいとは言い難いところがあります。  また、色味もちょっと昭和カラーばかりが目立つよね・・・!? なんていう私の先入観もあり、消極的態度でお付き合いしていた糸でした<笑>。

    サンプルを作るにあたり、諸事情により「リリヤン糸」に再度フォーカスを当ててみました。  探したら意外に使える色もあることがわかり、再びその可能性を追求している最中です。   物事に対する態度、やはり柔軟性を持たないとね・・・・とても反省させられました~<苦笑>。

     

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

  • vol.1406 初のオーバルのランプシェード

    2022.1.26

    ◆ ランプシェード張替ご依頼のものですが、人生初めての「オーバルシェープ」!!    壊れたシェードも一緒にご持参いただいたので、内心「よかった~」<苦笑>。 なんと16年もこの仕事をやっていてなんと始めての形。 でも、壊れたシェードをたよりになんとか、形を作ることができました<ホッ>。  このランプシェードの利点は、人間の体に例えれば、ほとんどのシェードか円形や寸胴なのに対し、楕円形なので体の厚みが薄いことになり、置いた時にスペースを取らないというメリットがあるんですよ。 痩せているほうが省スペースってことね<笑>。

     

     

     

    ◆ ネットを見たら海外サイトでは、オーバル製図の説明が沢山・・・。 これを機会にバッチリ勉強しなくっちゃ~。 一応展開図を写真でご紹介しますが、まるで「ヘアケープ」の形をしています。 ところでヘアケープって今でも使っている人はいるのかしらん!?  その存在を知らない人・・・・、該当するあなたは「若い」!!

     

     

    シルク生地と金縁(再利用)を使った完成品。 後日写真を追加しました。

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

  • vol.1405 日曜大工、カルトナージュ

    2022.1.15

    コラムでご紹介したフランスのデクラ―ク社の紙袋。 捨てるのがもったいないので、箱を作ってそれに貼ります・・・とご紹介したのが、昨年2021年10月。 ずっと気になっていたのですが、この年初は比較的穏やかな時間と心の余裕(!?)もあったので、時間の合間をぬって制作開始。 やっと完成しました~。  大きな糸を入れるつもりの大きさ(34 x 26)で作りました。 普段箱作りはしませんが、やはり必要とあらば自己流でなんとか・・・、完成した時は、まるで日曜大工で必要なものを作った~って感じ!<笑>

     

     

     

     

    ◆ 箱の中にも紙を貼りました。 以前の教室の壁に貼ったイギリスZOFFANY社の壁紙の余りです。  制作途中、丁度このブランドを取り扱っている某商社の営業の方が新年のご挨拶にお見えになられ、「懐かしい~」と一言。 まさしく私も思い入れのある壁紙です。  フランスの思い出と、イギリスの思い入れのある壁紙の合体作品となりました~。

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

  • vol.1404 4年振りの雪景色、東京自由が丘

    2022.1.11

    ◆ 先週の雪の一日。 少し早めに帰ろうと5:00頃にオフィスを出た時の写真です。 木の枝に積もった白い雪、夕暮れ時のダークブルーの空、そしてショウウインドウからこぼれるオレンジの光・・・、目に映ったすべての色のコントラストがとても綺麗で、思わずパチリ。

     

    この日<1月6日>の東京の雪は、4年振りとの報道がありましたが、なかなかお目にかかれない光景なので、皆さんとシェアしたいと思い、アップしました~。

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

     

  • vol.1403 新設ポスト、私設ポスト

    2022.1.7

    ◆ 近所の無印良品に行った時、「あれッ、こんなところにポストができている!」。 なんと無印の真ん前<緑道>に新しいポストができているじゃありませんか~。 これまでわざわざ線路を超えロータリー側まで行っていたので、便利になってとても嬉しい!!

     

     

     

    ◆ しかし新しいポストができる基準て何だろう・・と思い、ちょっと気になりググって見たら<暇デス>、400メートル以内にポストがなく、200件以上の利用が見込まれること、とありました。 要は需要が見込める場所と判断されたんですね。

     

    なんと、個人でポストを持つ私設ポスト」も有りみたいで、興味本位に見てみたら、すべての費用を負担すれば可能<20~30万円程度/年間>なんだって・・・・お金を出せば自宅の前にポストを設置できる!?    フム、一体どんな人が必要とするんでしょうか・・・<苦笑>。

     

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室東京・自由が丘、ソフトファニシング教室トリニティ

     

     

1 2 3 54