タッセル教室のご案内

イメージ画像タッセルコースのご案内

タッセルクラス・受講ガイド

Trinity タッセルのコンセプト

タッセル作りの「基本」を大事に

  • タッセルクラス設立(2008年)以来、カリキュラムにおける作り方のメソッド(方法)は、英国で学んだ 伝統的な方法でお教えしています。(Ms. Anna Crutchley女史に師事) 。
  • 作品作りを通して基本のテクニックを学んでいただければ、デザインの変更等や応用への(基本形の組み合わせ、お好みの色への変更、素材使い等)、対応は容易になると考えており、基本のテクニックを大事にした「タッセル作り」を行っております。

タッセル作りとは

  • 「タッセル」は、頭の部分をスカートの部分と同じ糸で作る「ソフトタッセル:頭の部分が糸でできているもの」と、そして「木型 : 頭の部分に木型を用いたもの」と2種類に大別されます。
  • これらの作成方法は、まったく異なりますが、比較的簡単に作れる「ソフトタッセル」の活用範囲は大変幅広く、また、「木型」を使ったものは、個々のパーツにも沢山の種類があり、本格的なタッセルとして、タッセル作りの醍醐味を味わっていただけるものと思います。
  • タッセル作り初心者の方へ 「木型タッセルの構造を知ろう

タッセルの楽しさと、幅広い活用を願って・・・

  • ルネッサンス時代に発展したタッセルは、パスマントリー(※)の一部であり、王侯貴族の館のインテリアや洋服を飾るものとして発展してきました。 もちろん、現代でも欠かせない装飾品として、インテリアの中では重要な位置を占めています。
  • しかし、インテリアのみならず一般的にも楽しめるタッセルを、と考え常に使う対象物をイメージした作品とデザインを心がけております。

※) 「パスマントリー」とは、タッセルを含む、飾り紐、縁を飾るフリンジや、ブレード類などの総称のことを言います。
 当校HPのコラムvol. 7 「タッセルとパスマントリー」(2007年5月)に詳しく記述してありますので、是非ご一読ください。

開始時のコース選択について

  • ベーシックコース」もしくは、「タッセル for カルトナージュコース」のどちらかからお始めください。 開始後、途中からの行き来はできませんが、終了後は作品を選択して作成していただけます。
  • 尚、研究科の作品については、選択コースのカリキュラム終了後に作成してください。
ベーシックコース タッセル for カルトナージュ 研究科 (アドバンストコース)
パートI ソフトタッセル パートI ソフトタッセル  
ベーシックコース タッセル for カルトナージュ  
パートII 木型タッセル パートII 木型タッセル  
 
  • パートIから順番にご受講ください。
  • タッセルクラスの曜日にご受講ください。開催日(スケジュール表ご参照)

    「色」のアレンジと選択

    タッセル作成時の色は、いくつかのカリキュラムを除き教室指定の色になります。

サイトマップ

お問い合わせ

資料請求

東京・自由が丘徒歩1分 トリニティのご案内