• vol.1285 中世のタッセル

    2020.4.24

    気になる本を読みあさっている日々。 ずっと気になっていた塩野七生さんの本の数々。 塩野さんと言えば、イタリアの歴史を知り尽くした方として有名ですが、教科書には載ってない歴史の裏側を、彼女特有の文体で記述している文章にどんどん引き込まれていく魅力がある。  (きっとご本人も素敵な人なんだろうなぁ~と想像します。)  読みながら、ちょっと待てよ。 途中からちょっと読む角度を変えてくれたのは、下記の本の一文(青字)。 これを端緒に、是非皆さんとも共有したいなぁと思ってまとめたコラムです。

     

     

    ◆イタリアに持ち込まれたパスマントリー

    『フランス手仕事、名品の物語, マリー・アントワネットが愛した職人技』(石澤季里著, 2018年3月)が出版されている。 きっと手仕事がお好きな人は読まれているかもしれませんね。 刺繍に始まる全12章からなるものであるが、第3章に「タッセル(パスマントリー):視線を集める格あるアクセサリーが記述されている。 その中の一文『十字軍が、1204年に首都コンスタンティンノーブルに攻め込み、絹のパスマントリーを持ち帰った』。との一行の説明がある。

     

     

    ◆ヴェネツィア商人の活躍

    ・この時代はどんな背景があるのでしょうか。 キリスト教ローマ軍が、イスラム教徒に抑えられていたエルサレムを奪還するために派遣された十字軍のお話しは、中学の教科書にも出てきますね。

    ・兵隊の海上輸送を担ったのがヴェネツィア商人たち。 しかしその代金が支払われないとわかると、ヴェネツィア商人たちは地中海でしのぎを削る商人たちのいるコンスタンティンノープル(現イスタンブール)に攻め入ることを要求、拠点を手中にします。 参考: histrace.com

    ・この狙いは、黒海の通商路が開けるとともに、黒海沿岸の魅力的市場が手に入ることでもあるからなのです。 沿岸との交易は、西欧の人々が欲しがるペルシアの絹、香辛料、真珠、ダマスカス産の絹織物(ブロケード)、藍色の染料等を直接買い求め西欧他国に販売。 輸入品はもっぱら原毛。 原毛はヴェネツィアやフィレンツェで高級織物にし、また持っていって売るのである。 ヴェネツィア商業は、仲介貿易を基本としていた。 参考: 『海の都の物語2』塩野七生著

     

    ◆ 略奪品

    ・さて、この第四次十字軍の兵士のほとんどが、フランス諸侯によって編成されています。 当初の行き先はエジプトだったのですが、出発後にヴェネツィアへの支払いができず、契約不履行を凌ぐために行き先を変更せざる負えず、コンスタンティンノーブルへと向かうことになったのです。 戦いは十字軍の勝利。

    ・十字軍は、当時の習慣に従って、部下の兵士たちに三日間の略奪を許します。 当然狙われたのは、金目のものが多くある教会。 豪華な掛け幕の縁飾りの金や、聖具室の金銀の盃等。 また立派な構えの家からは、金銀貨、銀器やじゅうたん、ビロードやブロケードの高価な服、絹や羅紗の布地からエルメリーノをはじめとする毛皮など。 参考、塩野著『海の都の物語1』     これらの略奪品の中には、きっと上記石澤氏がいう絹のパスマントリーも紛れていたかもしれません。 そして、フランス人兵士によつて、本国フランスに持ち帰ったということも十分考えられる話です。

     

     

     

     

    ◆中世のタッセル

    ・1200年代といえば、まだ中世と呼ばれる時代。 当時豪華な衣装を身に着けられる人は、高貴な立場にいる人や権力を手中にしている人たちである。 「イノセント3世(英語)と言えば、ローマ教会の権威と権力を最高にした法王であったと、高校の歴史教科書にも書かれていたことを思い出します」(塩野、ルネッサンスとは何だったのか P25) 

    ・ ラテン語名インノケンティウス3世は、1216年にローマ法王に就任している当時の人物です。 早速この人の写真を探してみましょう。 残念ですが、画像クレジットがかかって有料のようで、ここでは使えませんが、検索結果だけでも確認できます。  こちら→★   イノセント3世の横顔と、その紋章にアレンジされたタッセルを見て取ることができます。

     

     

    次回に続く・・・。

     

     

    タッセル講座、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

  • vol.1284 画家がデザインしたタッセル

    2020.4.21

    ◆ 皆さんいかがお過ごしですか?   人生でこのような時間を過ごすことは、私だけではなく皆さんも同じですが、 長期休暇のような長い時間なのにステイホーム、仕事からも離れ・・・・。 逆に考えれば、これもせっかくの機会だとこれまで積んであった本を片っ端から読んでます<笑>。

     

     

    ◆ 保有書籍の『装飾デザイン事典(A handbook of ornament)』Frants S. Meyerの図118にThe Tasselというページがあります。 この写真は見たことがある方もいらっしゃるかと思います。 Wikipedia「タッセル」の説明ページに使われてもいますね。 しかし、タッセル個々の説明がないので「ま、古いタッセルなのね」くらいにしか思えません。 写真上段の左から2番目(2)、そして同じく上段右から2番目のタッセル(3)は、画家ハンス・ホルバイン(1497~1543)のデザインなんです。

    ホルバインはドイツに生まれ、北方ルネッサンス美術を代表する画家。 スイス、イタリア、リヨンと渡り歩き、最後はイギリスのヘンリー8世の宮廷画家(1536年以降~)でもありました。 16世紀の諸国遍歴は、ルネッサンスの様々な情報を見聞きしたに違いありません。

     

     

    ◆ それにしても画家がタッセルをデザインしたとは、おもしろいですね~。 つい最近購入したイギリスの本にも同じものが掲載されていました!    ハンス・ホルバインは親子で同じ名前ですが、Hans Holbein the Youngerと書かれてますので、息子の方ですね。 説明にA”Turk’s head knot” decorates the top of the tasselとあります。 ムムッ、どこかで聞いた名前、そうカリキュラムにある「ターキーヘッド・タッセル」です<笑>。

     

     

    ◆ 前述の書籍の「飾り房」の冒頭にあった説明が、興味深い。“織物芸術が、自由装飾群へ貢献した主なものは、飾り房(タッセル)、房縁(フリンジ)、そしてレースなどがある”。 確かに、布を織った最後のきれ端処理の糸を束ねれば、フリンジができます。 私の中にある断片的な情報をつなぎ合わせるいい機会かもしれないと思うようになりました・・・。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • 都内全域緊急事態措置等にもとづく臨時休業のお知らせ

    2020.4.14

    件名につき、本日より5月6日(水)まで臨時休業とさせていただくことにしました。 よって教室運営、及び関連業務は停止することになりますが、その間のメールでのお問い合わせにはお応えさせていただきますので、何卒よろしくお願いします。 皆様との再会を楽しみにしております!! (コラムは書きますので、よろしくね。)

     

     

  • vol.1283 アベノマスク

    2020.4.14

    ◆ 皆さん、外出自粛における日々、いかがお過ごしですか?  ところで報道されている「全世帯への布マスクの配布」情報、皆さんお聞き及びかと思います。 「アベノマスク」の異名をとった、安部首相がしている「あれ!?」ですね。 家の中を探したら、出てきました~。  未使用の新品1枚、洗ってあるもの1枚発見!!      考えてみればひと昔前は、「布マスク」しか売ってなかったんですよね。 物持ちのいい私です<笑>。

     

     

     

    ◆  出てきたマスクを改めて見ると、サイズがなんか小さい!!   男性の安部首相がしているから!?     いやいや、最近の不織布のものと比べると明らかに小さい。 先週末のお休み時に、左右のミシン目をほどき、横に2cm程巾出しし、リサイズしました。  縦の長さを変えるとガーゼが足りなくなるので変更せず。 保有マスクの数が減ってくると、いろんな知恵が出てくるもんです。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1282 エコバッグにアップリケ

    2020.4.8

    ◆ 一週間前に予想していた「非常事態宣言」、とうとう出てしまいましたね。  途端に教室も開店休業状態。 教室の休業宣言は思案中。(まだは出してませんが・・・)。  

     

     

    ◆ 今日はアトリエにこもり、エコバッグにアップリケ。 以前、生徒さんにいただいたコーヒー豆の輸入袋を思い出し、好きな部分を切り取り、コラムでご紹介した「無印のエコバッグ★」にアップリケ。  アップリケ・ステッチの単調さは、こころを無心にしてくれて落ち着きます・・・・。

     

    ・エコバッグを見つけたこと、・何か模様が欲しいと思っていたこと、・そして時間ができたこと、さまざまな条件が重なった今だからこそできたエコバッグ・アップリケ。 なによりも、いただいたものをちゃんと活かすことができて嬉しい~。

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • 4月の土曜(4日,11日,18日,25日)は休業とさせていただきます。

    2020.4.2

    週末の外出自粛を延長し、4月の1か月間<土曜日>を休業にすることにしました。 何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

  • vol.1281 教室の近況

    2020.4.2

    先週末の東京都内の外出自粛が、少しは効果を生むのでは(?)と期待していたのに・・・。コロナウィルスの広がりは、日を追うごとに広がりの勢いを増し、状況はさらに悪い方向に行ってしまいましたね。 ウィルスの潜伏期間が長いということもあり、それ以前の行動が今になって数値増加に現れているのでしょうか。

     

     

    ◆ 教室の机、ドアの手すり等々、毎日消毒しながら、教室は一応、毎日運営しております。 私も含め皆さんマスクは必須。 この時だからこそ来たいと言う方、この時期はちょっと控えたいと言う方、いろいろなご希望がある中、皆さんの自主性を尊重させていただいております。

     

     

    刻一刻と変化していく状況。 常にその動きをウォッチし、対応する必要があると考えています。  交通信号に例えれば、今まさに「赤味をおびた黄色」という感じでしょうか。 「信号(緊急事態宣言)」がともるのはいつ!?  状況変化を見ながら、瞬時にカメレオンのように変わりたい思っています<笑>。

    ※早速ですが、先週同様4月の土曜はお休みにすることにしましたので、よろしくお願いします。

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

  • 今週土曜3月28日は臨時休業とさせていただきます。

    2020.3.26

    昨日の東京都知事の会見内容<週末外出自粛要請>を受け、今週土曜を「臨時休業」とさせていただきますので、何卒よろしお願いします。

  • vol.1280 エコバッグの時代

    2020.3.25

    今や「エコバッグ」を携帯することが必須の世の中になりましたね。 お昼時間、近所の「無印」に、パーツの取り寄せをお願いしてので取りに行ったら、店頭で「ジュート」のバッグを見つけました!!     無印良品ですから、全く何も書いてない無印です<苦笑>。 思わず大・中・小とみっつ購入。 しかも190円/小~290円/大と破格のお値段!  お店の方のお話しによると、入荷するとすぐ売り切れになるくらいの人気商品らしいです。 私は今回初めて見ました。 この無印ジュートバッグ、刺繍なんかしたら、かわいいだろうな~。

     

     

     

    さて、早速それに古本を入れ、処分のためにこれまた近所の古本屋「西村文生堂」さんに。 日本語の古本は値が付かないとのことでしたが、英語版インテリア系の古本は喜ばれました。 しめて1,500円也<にっこり笑み>。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1279 新しい種類のタッセル糸

    2020.3.18

    ◆ タッセル用に使う糸は、木型に巻いたり、房にしたりといろいろありますが、糸のサイズ(太細)も重要な要素です。 以前からちょっと気になっていた「糸」。  意を決して購入して見ました。 サンプルなので、4~5本くらいの少量でいいかな・・・、と思っていたのですが、色数もたくさんあったので、ついつい40個くらい買ってしまいました<苦笑>。

     

     

    しかし海外からの取り寄せなので、その課題は「安定供給」。 タイムリーに納品できることや価格の変動等、いろいろな課題があります。 それらを以ってしても欲しい糸なのか・・、悩みは尽きません。 悩む時間があったら、作品を作る!! 最終判断はそれから・・・ですね<笑>。 いいかもと判断したら皆さんにもご紹介したいと考えています。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ