• vol.1293 お料理本—アナログ版

    2020.5.21

    ◆ 人間どんな環境に置かれても「食物摂取」は必須!     TV番組の中でも巣ごもり生活のための簡単レシピのオンパレード! 。 ご多分にもれず私も、これまであまり作らなかった時間のかかるものや、お菓子作りにまったく興味のない私も、簡単なフルーツゼリーなんかを作ったりしちゃってます~<笑>。

     

     

    さて先日生徒さんから、郵送で一冊のお料理本をいただきました!!      お弁当用のお惣菜を中心にしたものですが、普段のおかずにも活躍しそうな内容です。 今年の2月は、お昼時間をとることさえままならないような超多忙な時期で、ランチに出かける時間さえもったいない、と思う毎日が続き、お弁当持参の日々・・・、なんていう話を授業中にしていたので、それを記憶されてたいたかもしれません。

     

     

    ◆ 最近は、CookPadなどのネットでの作り方もいいけれど、同じお料理でもいろいろサイト比較しないと、微妙に味が異なることあることに気が付きます。 <ま、これだけは個人の舌の違いもありますので・・・。>   こんな時だから、プロの提案する味をアナログ的に眺めながら、参考にするのも一考かな~と痛感します。 Ms. Mariko-san,  ありがとうございました!!

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

     

     

  • vol.1283 アベノマスク

    2020.4.14

    ◆ 皆さん、外出自粛における日々、いかがお過ごしですか?  ところで報道されている「全世帯への布マスクの配布」情報、皆さんお聞き及びかと思います。 「アベノマスク」の異名をとった、安部首相がしている「あれ!?」ですね。 家の中を探したら、出てきました~。  未使用の新品1枚、洗ってあるもの1枚発見!!      考えてみればひと昔前は、「布マスク」しか売ってなかったんですよね。 物持ちのいい私です<笑>。

     

     

     

    ◆  出てきたマスクを改めて見ると、サイズがなんか小さい!!   男性の安部首相がしているから!?     いやいや、最近の不織布のものと比べると明らかに小さい。 先週末のお休み時に、左右のミシン目をほどき、横に2cm程巾出しし、リサイズしました。  縦の長さを変えるとガーゼが足りなくなるので変更せず。 保有マスクの数が減ってくると、いろんな知恵が出てくるもんです。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1282 エコバッグにアップリケ

    2020.4.8

    ◆ 一週間前に予想していた「非常事態宣言」、とうとう出てしまいましたね。  途端に教室も開店休業状態。 教室の休業宣言は思案中。(まだは出してませんが・・・)。  

     

     

    ◆ 今日はアトリエにこもり、エコバッグにアップリケ。 以前、生徒さんにいただいたコーヒー豆の輸入袋を思い出し、好きな部分を切り取り、コラムでご紹介した「無印のエコバッグ★」にアップリケ。  アップリケ・ステッチの単調さは、こころを無心にしてくれて落ち着きます・・・・。

     

    ・エコバッグを見つけたこと、・何か模様が欲しいと思っていたこと、・そして時間ができたこと、さまざまな条件が重なった今だからこそできたエコバッグ・アップリケ。 なによりも、いただいたものをちゃんと活かすことができて嬉しい~。

     

     

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1281 教室の近況

    2020.4.2

    先週末の東京都内の外出自粛が、少しは効果を生むのでは(?)と期待していたのに・・・。コロナウィルスの広がりは、日を追うごとに広がりの勢いを増し、状況はさらに悪い方向に行ってしまいましたね。 ウィルスの潜伏期間が長いということもあり、それ以前の行動が今になって数値増加に現れているのでしょうか。

     

     

    ◆ 教室の机、ドアの手すり等々、毎日消毒しながら、教室は一応、毎日運営しております。 私も含め皆さんマスクは必須。 この時だからこそ来たいと言う方、この時期はちょっと控えたいと言う方、いろいろなご希望がある中、皆さんの自主性を尊重させていただいております。

     

     

    刻一刻と変化していく状況。 常にその動きをウォッチし、対応する必要があると考えています。  交通信号に例えれば、今まさに「赤味をおびた黄色」という感じでしょうか。 「信号(緊急事態宣言)」がともるのはいつ!?  状況変化を見ながら、瞬時にカメレオンのように変わりたい思っています<笑>。

    ※早速ですが、先週同様4月の土曜はお休みにすることにしましたので、よろしくお願いします。

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

  • vol.1280 エコバッグの時代

    2020.3.25

    今や「エコバッグ」を携帯することが必須の世の中になりましたね。 お昼時間、近所の「無印」に、パーツの取り寄せをお願いしてので取りに行ったら、店頭で「ジュート」のバッグを見つけました!!     無印良品ですから、全く何も書いてない無印です<苦笑>。 思わず大・中・小とみっつ購入。 しかも190円/小~290円/大と破格のお値段!  お店の方のお話しによると、入荷するとすぐ売り切れになるくらいの人気商品らしいです。 私は今回初めて見ました。 この無印ジュートバッグ、刺繍なんかしたら、かわいいだろうな~。

     

     

     

    さて、早速それに古本を入れ、処分のためにこれまた近所の古本屋「西村文生堂」さんに。 日本語の古本は値が付かないとのことでしたが、英語版インテリア系の古本は喜ばれました。 しめて1,500円也<にっこり笑み>。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1279 新しい種類のタッセル糸

    2020.3.18

    ◆ タッセル用に使う糸は、木型に巻いたり、房にしたりといろいろありますが、糸のサイズ(太細)も重要な要素です。 以前からちょっと気になっていた「糸」。  意を決して購入して見ました。 サンプルなので、4~5本くらいの少量でいいかな・・・、と思っていたのですが、色数もたくさんあったので、ついつい40個くらい買ってしまいました<苦笑>。

     

     

    しかし海外からの取り寄せなので、その課題は「安定供給」。 タイムリーに納品できることや価格の変動等、いろいろな課題があります。 それらを以ってしても欲しい糸なのか・・、悩みは尽きません。 悩む時間があったら、作品を作る!! 最終判断はそれから・・・ですね<笑>。 いいかもと判断したら皆さんにもご紹介したいと考えています。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

  • vol.1278 鶏トロ肉とお弁当

    2020.3.11

    ◆ 週末、スーパーで「鶏トロ肉」なるものを買いました。 鶏肉コーナーに行った時に、もも肉や胸肉とはどこが違うの!?     気になりネットで調べたら、『胸肉と手羽元の間の部分で、最近では希少部位として胸肉から切り落とし「肩肉」として店頭に並ぶことも。  味や食感の特徴は、鶏ももよりも脂肪が少なく、胸肉よりもたんぱくさは少なくちょっぴりジューシー。あっさりとして歯ごたえのあるもも肉といった感じで、塩焼きやからあげにするとしっかりと肉質で歯ごたえがあり、パサつきもないのでおいしく食べられます』『内の文章』引用先 macaroni様HPより→★

     

     

    ◆  そうかぁ~、どうりで美味しい訳だ。 実は今日の私のお弁当のメインおかずは「きのこと鶏トロ肉のソテー」です! <笑> 先月はとても忙しく、お昼に外出する時間さえもったいない状況が続いていたので、お弁当を持参。 それ以来、お弁当に作りにはまってます。 キャラ弁じゃないですよ~。 お恥ずかしながら、本日の私のお弁当デス。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

     

  • vol.1277 「はた結び」を再認識

    2020.3.8

    ◆沖縄大宜味村喜如嘉(きじょか)で、唯一織られている「芭蕉布(ばしょうふ)」。トンボの羽のように透き通るような反物を作り、着物等に利用される。 その材料は植物の糸芭蕉を育て、収穫、加工を経て糸を作り、機織りで反物へ。 気の遠くなりそうなプロセスを経て、完成した着物は、素晴らしい!の一言に尽きるものでした。 先日見たNHK番組の「日曜美術館」での放送です。(この番組、好きでよく見てます。)

     

     

     

    糸をつないでいくときの「はた結び」。 私も小さい頃、おばあちゃんの傍らで遊んでいた時、教わった記憶があります。 一回手が覚えたものは、今でも忘れてません。 糸を扱っている毎日を過ごしているのに、使うことをつい忘れていました・・・・<苦笑>。 教室では、作業用糸をつなぐ場面が多々出てきます。 これまでは捨てていた短い糸も、はた結びで結べば、その結び目は小さく、作業の進行を妨げることはないと判断しました。 これから、どんどん使っていきますよ!! <笑>

    今やそのやり方は、YouTube©等に沢山掲載されていますし、気になる方はそちらを参考に。

     

     

     

     

    タッセル講座、ソフトファニシング教室のトリニティ

  • vol.1269 メジャーリボン

    2020.1.28

    作業していると、とかく物差しやメジャーで測る場合が多いですよね。 面倒なのでできるだけそれらを使わない方法で長さをざっくりと測ります。 身近な道具、例えば机の巾が120cm、高さ60cm等を使ったりしますが、目安としてはこれで十分。 でも、もっと細かく測りたい・・・。

     

     

     

    ◆ 先日ユザワヤさんで見つけた目盛りが布テープに印刷されている「メジャーリボン」を購入。  20cm刻みになっていましたが、ま、使えそうかなと作業机の手前に貼りました。 確か120cm購入したのに、2cmも長い!?      そうかぁ、布製だから伸びてるんですね~<苦笑>。 始めから、100円ショップのメジャーを買ってきて貼り付けた方が早道だったなぁ・・・。 リボンはあくまで、布の飾りに使うもので、測るものではありませんでした。 失敗、失敗<笑>。

     

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

  • vol.1266 ドイツ・バイエルン州のコイン

    2020.1.13

    ◆ 身支度している時、カーディガンの襟をちょっと抑えたいと思い、箱の中をゴソゴソ探したら出てきたブローチ。 大昔にラップスカートのすそを止めていたもので、20年ぶり、いやいやもっと時間は経過しているかもしれない。  古いものはだいぶ処分したのに、生き残っていた・・・!?

     

     

     

    これまで注意も払わなかったブローチの表面にある刻印。 「PATRONA BAVARINE 1760、これは一体何? 文字も読めないし・・」。 グーグルで調べたら、なんと1720年のドイツバイエルン州のコインで、それをアレンジしたブローチだと判明。 写真は銀貨の裏面である「子どもをかかえたマドンナ」、裏は確認できませんが「マクシミリアン3世の横顔」かと思われます。 バイエルン州は、皆さんも行かれたことがあるかもしれませんが、あのディズニーのシンデレラ城の参考になったと言う「ノイシュバンシュタイン城」のあるところ。 それにしても1760年は、日本は江戸時代。 ブローチひとつで、ネットの中で休日の一日、ちょっぴり歴史探訪の時を過ごしました~<笑>。

     

     

     

    タッセル教室、ソフトファニシング教室のトリニティ

     

     

1 2 3 50